tamahasirogo
ES

お手入れ知識


■ステンレスのお手入れ方法
LB ■ステンレス素材で出来た鍋はさびにくく、使用後の洗浄と水分の拭き取りをしっかりと行っていれば、綺麗な状態を保つことが出来ます。素材自体の比重はアルミの3倍と重いのですが、アルミよりも強度があります。
ステンレス素材の欠点としては熱伝導が悪いことが挙げられます。そのため、加熱すると鍋全体が温まらず、部分的に温度が上昇し、焦げ付きなどの原因になります。そのため、アルミなどの熱伝導の良い素材を、 底面、又は鍋全体に挟み込み、 鍋全体に熱が行き渡る様に改良された鍋も多く見られます。空焚きをしてしまった場合などに、茶色、又は虹色などに変色してしまうこともありますが、ステンレス用の研磨剤を使う ことで取り除くことができます。
金属調理器用具Q&A




鉄製品のお手入れ方法
CT ■調理後は、鍋が温かいうちに洗えば汚れも落ちやすいです。焦げ付きなどは、熱湯を入れ柔らかくしてから落としてください。
空焼きして水分をとばしておくと赤サビを防ぐことができます。
油がなじんで鍋の表面が黒光りしてくるまでは、たわし洗いや磨き粉の使用は控えましょう。スポンジで洗った後、空焼きして水分をとばし薄く油を塗っておきます。
食器用洗剤を使用すると、なじんだ油がとれてしまい良くないといわれますが、料理の汚れが長い間付着して見た目にも衛生的によくありませんので、汚れが付着した際は 食器用洗剤を使用して洗うようにしてください。





■ホーロー製品のお手入れ方法
ホーロー ■使用後は食器用洗剤を付けてスポンジ等で充分に洗い、水気を拭き取ってください。
つけ置き洗いはしないでください。
お手入れが不充分だと白い粉状のものが付着してきますが、これは水道水中の微量成分が固まったものです。
焦げ付いた際には、お湯などを入れて、焦げ付きを柔らかくしてからスポンジタワシ等で洗い落としてください。
焦げ付きなどを落とす際、金属製の固い物等は使用しないでください。













バナースペース